悪プルの意味とは?韓国のアイドルが苦しむテックル 日本でも起こる可能性も | スイミージャーナル

最近、気になる事

スイミージャーナル

知って得する話

悪プルの意味とは?韓国のアイドルが苦しむテックル 日本でも起こる可能性も

更新日:

スポンサーリンク

 

「悪プル」という言葉を聞いたことはありませんか?

最近、韓国では悪プルに苦しむ人が多く、その被害はどんどんエスカレートしていき、

まったく収まる様子がありません。

そんな怖しい悪プルが起きてしまう背景や、韓国と同じようなことが日本でも起こるのか等、

悪プルについて詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

悪プル・テックルとは 意味は

悪プル 意味

悪プルとは、「悪意のあるリプライメッセージ」の略で、ネット上の誹謗中傷のことです。

また、韓国では悪プルと似た言葉で、

「テックル」という書き込みコメントという意味の造語があり、

悪口等の悪質な書き込みコメントを「悪性テックル」と呼んでいます。

 

日本では、似たようなことを指すネット造語に「クソリプ」という言葉があります。

クソリプは、悪意のあるリプライだけを言うのではなく、

発言している人を揶揄する時に使ったりもするため、

悪プルや悪性テックルのような憎悪感のある言葉とは少し違うのかもしれません。

 

日本のネットで起こる誹謗中傷といえば、

相手を「ネット上で笑いものにしてやろう」という意図のものが多いのに対して、

韓国の誹謗中傷はある意味脅迫のようにも受け取れる内容が多く、

誹謗中傷された人は、生活が難しくなるほど悩んでしまう人も多いのです。

 

特に韓国でこのような悪プルに悩まされているのが、芸能人です。

韓国の芸能人が悪プルの被害に遭いやすいのには、

日本とは少し違った芸能人に対する意識が関係しているようです。

 

日本では、芸能人といっても幅広いジャンルで活躍している人がいますが、

身近な雰囲気の人や、普通っぽい人が世間的に好感を得ている傾向があります。

 

そのため、多少歌が上手くなくても人気がある芸能人がいます。

その普通っぽさが親近感を感じて、

「お応援してあげたい」

「支えてあげたい」

という心理が働くのかもしれません。

 

韓国では、スタイルや美しさの見た目に加えて、歌や演技の実力を備えてこそ

芸能人であるという認識が強く、完璧を求める傾向があるようです。

多少劣っている所があると、ダイレクトに誹謗中傷されてしまうのです。

 

スポンサーリンク

韓国のアイドルが苦しむ(自殺も)

悪プル 意味

中でも悪プルの被害に遭い苦しんでいる人が多いのが、韓国のアイドルです。

過去に何人ものアイドルが悪プルに悩まされているとテレビなどで報道されており、

特に最近では、元KARAのク・ハラさんが自殺してしまう事件が起きました。

 

日本でも韓国アイドルの人気が高いため、ク・ハラさんの突然の訃報に驚き、

ショックを受けた人も多いのではないでしょうか。

 

韓国ではアイドルの人気が高く、日本よりも熱狂的なファンも多いです。

自分の応援しているアイドルのライバルとなるアイドルに対して、

悪プルや嫌がらせを行うケースも多々あります。

 

また、現在韓国では誹謗中傷を行っても重い罪には問われないケースが多く、

ある韓国の有名人にたいしてネットで誹謗中傷の書き込みをした人は罰金約3万円のみの

処罰で終わったこともあります。

法律の改正が行われない限り悪プルは今後も続く可能性があります。

 

過去にはインターネット実名制も検討されたことがあります。

インターネット実名制とは、ニュースなどにコメントを寄せる際には、

実名と身元確認が必須となり、匿名での投稿ができなくなるものです。

 

最終的にこのインターネット実名制は違憲と判断され、実現化はされませんでした。

 

スポンサーリンク

日本でも起こる可能性は

悪プル 意味

日本も韓国と同様にネット社会ですので、

韓国と同じようなことが起きてもおかしくはありません。

 

実際に、ある凶悪事件の犯人だというデマをネットで拡散された芸能人が

その後芸能活動ができなくなり、

デマを拡散した容疑者が逮捕されるまでの18年もの長い間

このデマ情報に悩まされ苦しんだということがありました。

 

現在スマイリーキクチさんは、自分に起きたことと同じことが起きないように、

インターネットの恐ろしさについて講演を行っています。

 

また、芸能人ではありませんが一般の学生同士のSNSによる誹謗中傷によって、

自ら命を絶つというとても悲しい事件も発生しています。

直接的に危害を加えられるいじめではなく、スマホやパソコンでのやり取りによる

攻撃は、むしろ直接的な攻撃よりも残酷で卑劣になってしまうのかもしれません。

 

これらは悪プルと種類は異なりますが、インターネット社会が生み出した悲しい事件です。

インターネットは、発言の自由やコミュニケーションの充実といったメリットがある反面で、

悪質な事件に繋がる危険性も兼ね備えています。

 

現在の日本では、悪プルのような誹謗中傷による大きな事件はまだ少ないですが、

いつ同じようなことが起きてもおかしくない状況にあることがわかります。

 

ま と め

今ではネットやSNSは、切り離せない生活の必要ツールとなっています。

特に芸能人はこのようなSNSによる情報の発信を、活動のために利用している人も多くいます。

今後も悪プルの被害は増えていく可能性が高いと思われますが、ネットの使い方によっては、

人を苦しめて、人生を壊してしまう可能性があることを覚えておく必要があります。

スポンサーリンク

-知って得する話

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.