節分に飾る柊イワシの作り方は 飾り方は地域で違う | スイミージャーナル

季節の行事

節分に飾る柊イワシの作り方は 飾り方は地域で違う

更新日:

節分の時にする事と言えば何を思い浮かべますか?

おそらく豆まきや恵方巻を思いつく人が多いのではないでしょうか。

実はこれ以外にも「柊イワシ」という日本の伝統的な節分飾りがあります。

あまり知られていない柊イワシの意味や作り方、

地域によっての違いなどを詳しく紹介していきます。

 

スポンサーリンク

節分にイワシを飾る?

節分イワシ

 

節分とは皆さんご存知のとおり、立春の前日のことです。

邪気を払うために豆まきを行い、歳の数だけ豆を食べて厄払いを行います。

 

旧暦では、立春から新たな一年が始まるとされていたために、

立春の前日に豆まきや節分飾りによって厄払いを行っていました。

 

柊イワシは、厄除けの意味を持つ節分飾りで、玄関や門口に飾ります。

葉の付いた柊の枝で焼いたイワシの頭を刺したものです。

平安時代から臭いの強い物と尖った物には、

厄除けや魔除けの効果があると言われていました。

臭いの強いものにイワシの頭を、尖ったものには柊の葉の棘を当てはめて

厄除けとして飾られ、現在でも受け継がれています。

 

 

 

また、「魔」を鬼として、イワシの頭の臭いで鬼を遠ざけ、

柊の枝で鬼の目を刺すと言う意味もあり、

江戸時代の浮世絵にもこの様子が描かれています。

 

柊イワシを飾る期間は、地域によって様々です。

節分の日のみ飾る地域もあれば、

2月いっぱいまで飾るという地域もあります。

最も多いのが節分の日のみのようですが、

その地域によって違いがあるので、

ご近所などを参考にしながら飾りましょう。

 

飾り終わった柊イワシは、近所の神社やお寺でお焚き上げによって処分してもらいます。

しかし、近所にお焚き上げしてもらえる場所がない場合には、

塩で清めてから半紙に包み、

感謝の気持ちを込めて処分しましょう。

 

スポンサーリンク

イワシの作り方や飾る地域は

柊イワシの作り方は簡単です。

用意するのは柊の枝とイワシの頭のみ。

そして、イワシの頭をほどよく焼き、

柊の枝の先端部に挿します。

これで出来上がりです。

 

節分イワシ

 

柊イワシを飾る風習は比較的西日本地方で根強く広まっています。

西日本では、柊イワシではなく、「焼嗅(やいかがし)」や「やっかがし」とも

言われています。

 

西日本地方以外にも、柊イワシを飾る風習がある地域がいくつかあります。

関東地方や東海地方、東北地方でも青森県や福島県では今もなお風習が残っていますが、

地域によってイワシの飾り方には違いがあるようです。

 

例えば、青森県では

割った木の枝に昆布や煮干しを刺し焼き豆腐を挟んだものを、

家の窓付近に立てる

という習慣があるそうです。

なんとなく似た形状ではありますが、イワシは使われていないようです。

 

 

また、埼玉県では、

大豆の木にイワシの頭と尾の部分の2つを刺して焼いた物と、

柊の葉を一緒に合わせて玄関口に飾ります。

この場合は、厄除けではなく豊作を願うためのものとして飾られているそうです。

 

この他にも、イワシ以外にも臭いの強いらっきょうやニンニクを一緒に付けて飾ったり、

より臭いを出すために焼かずに生のイワシの頭を使う地域もあります。

 

また、飾り終わった後の処分方法にも地域によっての違いがあります。

自宅の庭に埋めて処分するという地域や、そのまま外に出したままにして

猫がイワシの頭を食べて無くなるまで玄関に出しっぱなしにしておくなどの

一風変わった処分の仕方をする地域もあるそうです。

その地域によって意味合いや飾る方法、処分の仕方などが様々ですね。

 

自分の住んでいる地域はどんな習慣があるのかわからないという人は、

ぜひその地域に住む年長者などに聞いてみましょう。参考になるかもしれません。

 

広告

節分にイワシを食べる

柊イワシ

 

節分にイワシを食べる風習は、今現在も残っています。

イワシの頭は節分飾りとして使い、それとは別にイワシを食することで、

体の中から厄を払うという意味から、今も受け継がれています。

 

関西地方では、節分にイワシをつみれ汁として食べる習慣が多いようです。

つみれ汁の中にはイワシのすり身以外にもたくさんの野菜が入っていて、

関東地方でもよく食べるけんちん汁のように温かくて栄養がたっぷり摂れる食べ物です。

まだ寒い節分の季節にはピッタリですね。

 

関西以外の地域では、イワシのフライや塩焼き、煮物など様々なイワシ料理を食べて

節分を迎えており、食べ方にこだわりはあまり無く、イワシを食べることを重視しています。

 

どの地域でも最近では、「この食べ方でなくてはならない」というような習慣は減りつつあり、

各自が食べやすい方法でイワシを食べて、これから始まる一年の健康と幸せを祈る

家庭が多い傾向にあるようです。

 

また、イワシには栄養がたっぷり含まれており、タウリンやDHA、カルシウムなど、

とても健康に良い食べ物です。

体の中から厄を払う効果と、栄養も摂れて健康維持する効果との両方の効果があり、

まさに一石二鳥です。

 

最近では、節分向けのイワシレシピがテレビやネットで紹介されていいます。

小さいお子さんのいる家庭にはイワシのグラタンやハンバーグ

高齢者向けにはイワシの煮付けなど、その家庭に合った食べ方ができるレシピも

豊富に紹介されていますので、これらを参考にするとバラエティ豊かなイワシ料理が

楽しめます。

 

【関連記事】

>>節分に飾ったイワシを飾る?食べる!おいしい食べ方を紹介します

>>節分の鬼の意味とは 豆は「魔目」「摩滅」鬼の色にも意味がある

>>節分の恵方巻 具材の意味を知ってる?起源や歴史も紹介【2020年は西南西】

 

 

-季節の行事

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.